東京プリンスホテルのおせちブッフェはリーズナブル♪品数も多く、全部食べきれない

我が家は、ここ数年はお正月のおせち料理を作るのも面倒というのもあったり、新年からホテルのおせちビュッフェで贅沢な気分でスタートさせるというのが恒例になっています。毎年、雑誌やテレビで紹介されている人気ビュッフェを渡り歩いているのですが、その中でも昨年訪れた東京プリンスホテルのおせちビュッフェがとても内容も素晴らしくリーズナブルだったので、かなり満足できました。

11月半ばで一部の時間は予約がいっぱい、さすが人気の東京プリンスホテルおせちブッフェ

東京プリンスホテルの3階にあるポルトというブッフェレストランが会場です。広い窓ガラスから眺める景色は緑が豊かで開放的で素晴らしかったです。私たちが利用した時間帯は、13:30~15:00。11月の中頃に予約電話を入れましたが、第一希望だった11:30からの部はすでにいっぱいでしたので、午後の部で予約をなんとか入れることができました。

人気ビュッフェなのでかなり早めの予約が必要のようです。料金は大人はサービス税込で4,000円ほどでしたので、都心のホテルのお正月ビュッフェにしてはかなり抑えめで利用しやすい価格帯だと思います。

東京プリンスホテルのおせちブッフェのローストビーフとカニは長蛇の列

広々としたレストラン内にいくつものテーブル台があり、おせち料理、シーフード、お寿司、サラダ、温料理、そしてデザートのケーキ類などが数十種類以上並んでいてかなり豪華な感じでした。おせち料理は、昆布、お煮しめ、ごまめ、きんとん、紅白なますなど、おせち料理のお重のアイテムは全てありました。また熱々のお雑煮ステーションもあり、そこでお雑煮も作ってもらえました。

目玉はやはり柔らかくジューシーなローストビーフをその場で切り分けてくれるお料理でしょうか。一番人気でいつも人が並んでいました。じっくりとローストされた塊肉がとても豪華でとろけるような美味しさでした。そして並んで人気なのが山盛りになっていたカニの足です。これもあっという間になくなって、次から次へと新しいカニ足が出てきていました。

その他、中華の炒め物などもありとても全種類食べることはできませんでした。デザートも、かなり充実しており、プチケーキやグラスに入ったムース類や、ロールケーキ、フルーツゼリー、アイスクリームなど目にも美しいデザートの数々が印象的でした。お正月にゆったりと美味しい料理を、たっぷりいただいてなかなか贅沢な一年のスタートとなりました。接客も非常に洗練されていて気持ち良く食事を楽しむことができ、大満足でした。