丁寧な出来栄えに感動!レストラン1899お茶の水のおせちビュッフェ

27歳のアパレル店員の女性です。私が友達と食べに行ったおせちビュッフェは、ホテル龍名館お茶の水本店の1階にある「グリーンティーレストラン1899お茶の水」で行われた「おせちビュッフェ2018」です。

レストラン1899お茶ノ水のおせちビュッフェは、30種類以上の人気料理

レストラン1899お茶ノ水のおせちビュッフェは大人1人税込4,000円というリーズナブルな価格で、90分間食べ放題となっていました。平成30年を迎えたことから、用意されたおせち料理は、抹茶の栗金団や黒豆、いくら漬けなど合計30種類ありました。

これらのおせち料理に加え、エビフライや肉豆腐、お刺身や豚しゃぶなどなど、お子さんやご年配の方に人気の料理も並べられていました。その為か、親子3世代でビュッフェを楽しんでいる方もみられました。

別途料金を払えば、アルコールドリンクや追加有料デザートを楽しむことが出来たそうです。

おせちビュッフェNo.1は、抹茶風味の栗きんとん。食べ応えがあり絶品

さらには「抹茶・ほうじ茶・和紅茶」を使用し、お茶アレンジを加えた変わり種おせち6種類全てを常時並べた「お茶おせち」専用のコーナーもありました。

お茶おせちはどれも物珍しかったのですが、中でも印象に残っているのが「抹茶風味の栗きんとん」です。サツマイモと栗の練りきりに抹茶を加えたことで鮮やかな緑色になった餡に、丸くて黄色に輝く大粒な栗の実がゴロゴロッと入っています。

見た目もとても可愛らしく、肝心の味の方もやさしい栗の甘味と抹茶の風味が程よく感じられて、何度も食べたくなる味でした。栗が丸ごと1粒入っているので食べ応えもありますし、私の中ではNo.1でした!

料理補充のスピードが早い、レストラン1899お茶ノ水のおせちビュッフェ

ほぼ全ての料理を食べたのですが、どの料理も丁寧に作られていて、とても満足出来ました。店内はそこそこ混んでいて、人気の料理は結構すぐに無くなってしまいました。

しかし料理補充のスピードも早いので「食べたかったのに食べられなかった(泣)」といったような残念な思いをすることもありませんでした。

電話で予約していたので、長い時間待たされるということもなくスムーズに入店出来たのも嬉しいポイントです。ホテルに宿泊しなくても利用出来るので、また来年も食べに来たいと思えました!